この記事は
 ・気づいたら臨月が近い
 ・臨月までにやることを知っておきたい
という人向けの記事になります


こんにちわ。えいとらです。

妻が臨月を向けるにあたり
やることを整理したので記事にしてみました

基本的に今までの準備の振り返りとなり

 ・入院グッズの準備
 ・育児グッズの準備
 ・産後の手続きの準備
 ・出産時の体制確認
 ・産後の体制確認

が主なやることになります

スポンサードリンク


臨月までにやること5選

入院グッズの準備

medical_nyuin_woman_laugh

入院グッズの準備ですが
産院が準備するものと被らないようにしましょう


参考までにウチの妻が通っている
産院でもらったプリントを抜粋

19871

 ※画像が荒くてすみません


ウチの産院の場合
 ・赤ちゃんのモノは病院が準備
 ・妊婦のモノは夫婦が準備
というスタイル

他の細かい準備品は
妊婦健診の時にヒアリングしました。

サイトや雑誌は購買させようとするモノもあります
直接産院と連携して必要なものを揃えましょう

お金は産後も使うので大事に!

我が家は西松屋やアカチャンホンポを巡り
下記を購入しました

 
・産褥ショーツ
 ・産褥パッドM/L 各1パック
 ・マタニティパジャマ
 ・ペットボトルストロー付キャップ
 ・その他小物(テニスボール)





育児グッズの準備


産後の育児グッズの準備はもう済みましたか?
買い物リストはアカチャンホンポを参考にしました



※全部買うとかなり金額
 あくまで参考にして先輩達の話を聞き取捨選択しましょう


たまひよの本に下記の5つは
失敗しやすい と記載がありました

 ・ベビーベッド
 ・セレモニードレス
 ・鼻吸い機
 ・ミトン
 ・沐浴布

特にベビーベッドは
実際に何人かに話を聞きましたが

役に立ったという声よりも

 
・自分の子には合わなかった
 ・日中は下に寝かす方が多かった
 ・添い乳しないと寝なかった などなど

あまり使わなかったという話をよく聞きました

レンタルもあるので
2か月程度はレンタルで様子をみてもいいかも

また親戚伝いに貰えるものは調達しておきましょう
僕は妻の親戚伝いでチャイルドシートはGET!

メルカリやジモティーにもこれらは多く売られています
子ども用品は実用年数も短いので
中古でも高品質であることが多いそうです






産後の手続きの準備

school_jikanwari_junbi - コピー

産後は大きく4つ手続きがあります

 
・出生届け
 ・子ども手当の申請
 ・健康保険証の取得
 ・乳幼児医療費助成

準備する書類や手続きの順番は
こちらの記事で解説しました





出産時の流れと体制の確認

お産の兆候(陣痛・おしるし・破水など)が
発生した時の体制をキチンと決めておきましょう

大きく

 ・奥さんが1人の場合
 ・サポートする人がいる場合

に2分されると思います
それぞれで

 ①産院への連絡
 ②入院準備
 ③産院へ移動

上記を誰がどうするのか
ハッキリさせておきましょう



産院への連絡
 基本は妊婦が電話をかけます
 産院側が妊婦の電話口の状態も判断材料とするためです

 
ですが、スマホの操作すらしんどい可能性があります
 サポート側もスマホで電話をかけ
 すぐに妊婦に渡せるような準備はしておきましょう


②入院準備
 緊急出撃になった時に備えて
 事前に玄関近くに入院セットを準備しましょう

 
また、これは実際に産院に言われたのですが
  出産時に使うもの
  入院時に使うもの
 は分けておきましょう


③産院へ
移動
 サポートする人がいる場合は
 妊婦さんを車に乗せて産院まで
 その際、バスタオル等で破水対策は忘れずに

 妊婦さんが1人の場合は
 「陣痛タクシー」を利用しましょう

 事前登録をして、電話をする
 これだけです。

 外出先でも対応してもらえるので心強いです。
 サポートがいる場合でも念のため登録しておいて損はありません
 また、値段も数百円高い程度なので安心


※参考にリンク貼っときます




産後の体制の確認

akachan_bed - コピー

退院後の体制も要確認

里帰りの場合は育児グッズを
一旦奥さんの実家に送る必要があります

義実家のサポートも頼りすぎず準備しましょう
ここで信頼を損ねても勿体ないですしね

自宅に連れ帰る場合は事前に
赤ちゃんが生活する部屋を準備しときましょう

※赤ちゃんの部屋作りの参考記事





まとめ

臨月までにやるべき5つの事は
今までの準備の振り返りとなり

 ・入院グッズの準備
 ・育児グッズの準備
 ・産後の手続きの準備
 ・出産時の体制確認
 ・産後の体制確認

となります。

しっかりと準備をしていつお産の兆候がきても
対応できるようにしておきましょう!

それではっ!

スポンサードリンク