この記事は
 ・家族を持つ意味が分からなくなった人
 ・家族を持つことに良さが分からない人
を対象にしています。



こんにちは。

安定した都内大手SIerを捨て、
家族のため地方移住&転職を選んだえいとらです。

一応苦労して入り、安定もしてる大きな企業。
当時は転職経験も無くすごく悩みました。


が、自分の幸せは家族にあると考えて2年前に決断に至りました。


そんな折り、最近 嫌われる勇気 という本を読んで
2年前の自分の決断は間違いではない
という思いが確固たるものになってきました


この記事では「嫌われる勇気」のエッセンスを取り入れ
自分にとっての家族とはなんぞやを改めて整理しています


僕にとって家族は
所属感をもたらす幸福資産である

というのが結論になります。

スポンサードリンク





「嫌われる勇気」に学ぶ人生の幸せ

みなさんは135万部のベストセラー
「嫌われる勇気」をご存じでしょうか?

↑この青い本


僕も2周程読んだのですが
非常に素晴らしい本でした

youtubeに10分サマリー動画も載っていました。
2倍速再生なら5分で大枠の内容がわかります。





この本から「幸せ」のエッセンスを拝借すると
嫌われる勇気では、「幸せ」を
アドラー心理学でいう「人生の目標」としています


人生の目標

 
行動面
  ・自立すること
  ・社会と調和して暮らせること
 心理面
  ・「わたしには能力がある」という意識
  ・「人々はわたしの仲間である」という意識


人生とはこれらを埋める旅のようなものである
というのがこの本の主張の1つです

で、論点としたいのは4つ目のやつです






家族は所属感をもたらす幸福資産

happy_family (1)

で、ここからは僕の主張

家族の存在はこの幸福四天王の1つを
獲得できると思っています

それは
 「人々はわたしの仲間である」という意識
という心理面の目標です。

ここでは 所属感 と呼びます



人は他者からこの 所属感 を得ることができます
それが概ね下記の2パターン

 ・行動レベルで感謝/認められる
 存在レベルで感謝/認められる

行動レベルはXXしてくれてありがとう。といった感じ。
一方、存在レベルはただ存在すること自体を認めることです。

もちろん、存在レベルの方がより高度

 家族は存在レベルで自分を認めてくれる場所

だと僕は考えています。



例えば仕事は上手く行く時もあれば
上手くいかない時もあり

その波は短期間に激しく揺れますし
このご時世では仲間も次々と変わります

一方、家族は自分を必要としてくれる所
もちろん上手くいかない時もありますが
終身雇用のように急に崩壊もしません


すなわち家族とは

 長期的に所属感をもたらす幸福資産である

というのが僕の結論になります








家族を大事にしない=自分を大事にしない

pose_zetsubou_man - コピー

「男は仕事、女は家事/育児」のような価値観では
家族を大事にしていることにはならず
家族から自分に対する信頼は下がってしまいます


家族からの信頼が落ちた状態では
幸福資産としての恩恵を得ることはできません


それすなわち人生の居場所を1つ失うことになります。

特に産前産後の3か月は家庭にフルコミットしないと
その恨みは墓まで続くといったもの。。


家族を大事にしないことは
長期的にみて自分を大事にしないこと


家族は大事な幸福資産。
しっかりと育てて、自分の居場所を作りましょう


それではっ!



あわせて読みたい

スポンサードリンク