この記事は

 ・帝王切開の費用ってどれくらい?
 ・自分で計算はちょっとめんどう

という方向けの記事です


近々、妻が出産予定のえいとらです。
妻の初めての出産で金銭面もよくわからない。。
通帳の金額を眺めながら

「帝王切開となると費用はどれくらい?」

と思いたち計算してみました。
皮算用ですが、少し多めに計算したところ

自己負担額:25万円

でした。
また、使える助成制度も紹介します

スポンサードリンク





帝王切開は何に費用がかかる?

man_question (1)

帝王切開は何に費用がかかるか説明していきます。
通常分娩との大きな違いは2点

 ①手術がある
 ②入院が長く、創部などの処理あり

これらが通常分娩よりもお金がかかる要因

※産婦人科のHPに載っていることも
 ↓かかりつけの産院があればチェックしましょう



手術について

帝王切開手術自体は診療報酬点数が定められているため、
手術内容や場所等によって金額に大きく変化はありません

およそ22万円から20万円

また、手術は保険適用範囲なのでその3割
約6-7万円が自己負担


入院について

入院費は保険の適用範囲ですが、
そのほか食事代/差額ベッド代などは対象外

食事やベッド代は産院などで違うので
内容や場所で金額に違いがでます

入院日数が延びるとかけ算で負担がかかります





帝王切開の自己負担額を計算してみた

study_gogaku_man_writing

帝王切開にかかる自己負担額を計算してみました。
皮算用なので参考程度にして下さい。


手術費用:6.6万円
 22万 × 0.3 = 6.6万円

入院費用:60万円
 帝王切開は普通分娩の処置も行われるので
 普通分娩との割合で計算

 普通分娩:5日
 帝王切開:6日

 普通分娩の平均:約50万円
 
 やや乱暴ですが1日10万とみて
 帝王切開:
約60万円

助成金:42万円
 出産育児一時金の42万円

合計:25万円
 (60 + 6.6) ー 42 = 約25万円


個人負担としては少し高めの金額。。

保険に入ることを検討しましたが
長い目で考えて今回はナシにしました。







帝王切開で利用すべき助成制度

帝王切開のみならず通常分娩でも利用すべき
助成制度をまとめて紹介しておきます。

なかでも

 ・高額医療費制度
 ・医療費控除の還付


は申請の必要な制度。
知らないと損するので確認しておきましょう。


健康保険

対象の医療費の支払いは3割となる制度
前述しましたが、手術や入院は対象になります

保険証を提出すればOKなので意識する必要無し


出産育児一時金

上でしょれっと計算に入れていましたが
健康保険から一律42万円貰える制度

これも申請が要りますが
大抵産院で案内してもらえます。

ただ受取方に種類があるのでそこは注意
事後申請だと一旦自分の懐から払う必要が



高額療養費制度

ひと月の自己負担医療費が限度額を超えると
健康保険から払い戻しを受けられる制度

多くの人は8万~9万円が支払う金額に
★要申請。加入してる健康保険に問い合わせ



医療費控除の還付

年間の医療費が10万円を超えると
約20%が還付される制度です。

「医療費」の受け皿が広く、かぜ薬なんかも対象。

健康保険証を提出する支払いは履歴が残りますが、
それ以外は領収書をとっておきましょう

注意点は、出産育児一時金などの
助成金を引いた金額が対象になります

★要申請 確定申告が必要です






まとめ

帝王切開は
 ①手術がある
 ②入院が長く、創部などの処理あり
これらが通常分娩よりもお金がかかる要因

自己負担額を概算で計算すると
 約25万円

助成制度の中でも
 ・高額医療費制度
 ・医療費控除の還付

この2つは要申請。
知らないと損をするで知識に入れておきましょう。

それではっ!

スポンサードリンク