早産等の理由で、赤ちゃんがNICU(新生児集中治療室)に
入ることもあるかと思います。

NICUの医療費が助成される制度が存在
それが
 未熟児養育医療制度
になります

自己負担額さえ払えば
残りの医療費は公費負担となる制度です

自己負担額は所得によって増減しますが
多くの世帯で1月あたり3万円~6万円程度

申請先が「地域を管轄する保健所」になので
申請方法や期限が自治体のローカルルールになる点に注意が必要

当記事でさらっと概要をおさえておき
赤ちゃんがNICUに入った際に
旦那さんが初動をとれようにしましょう

スポンサードリンク





NICUの費用は未熟児養育医療制度で助成される

未熟児養育医療制度とは
「赤ちゃんの出生体重が2000g以下」等の特定条件を満たし
医師が入院して養育の必要があると認めた場合
NICUの医療費の大半が助成される制度です


助成金の適用範囲
所得に応じて自己負担金(月に3万円~6万円円程度)が発生しますが
それ以外は基本、公費負担になります

適用範囲
 ・診察
 ・薬剤または治療材料の支給
 ・医学的処置、手術およびその他の治療
 ・入院と療養に伴う世話その他の看護
 ・移送

入院中の食事療養費(ミルク代)も給付対象
※ただし差額ベッド代・おむつ代など保険適用外の費用は対象外


条件
医師のNICUへの治療が必要と判断かつ
A or Bのどちらかに当てはまると対象
 A.出生時体重が2,000g以下
 B.体温が低い、循環器異常等の症状が確認


出典
大阪市のサイトを参考にしています。





NICUの費用の自己負担額

この未熟児養育医療制度ですが
小額ですが自己負担金が発生。
金額は所得によって変動する仕組みとなっています。

例)年収700万円の場合
下記、リンクのテーブルを確認。
年収700万円でおよそ所得税は30万円程度なので
 ※所得税は皮算用

 D5階層

になります。
table

すると徴収される金額は49,400円になります。








NICUの費用の助成はいつまでに申請する?

これが結構クセもの
WEBで調べても

なるべく早くご申請ください。

のような記載ばっかりでしっかり明文化されていません。

新しいビットマップ イメージ

そのクセ

なお、手続きが遅れた場合は、医療費の助成が受けられないことがありますので、ご注意ください。

とも書いてあったりもします。
期限を切ってないのに、遅れるってどういうことなんだろう。。

ネットには頼らずに
お住いの保健所に直接TELで問い合わせるのが吉だと思います。

それではっ!

スポンサードリンク