この記事は

・逆子ってなに?種類があるの?
・逆子はいつから心配が必要?

という方向けの記事です


逆子について

 出産時のリスク
 種類 (足が下 / ヒザが下 / おしりが下)
 32週までに97%が直る

という内容を記事にしています。

スポンサードリンク





逆子とは

sakago


赤ちゃんは通常、頭から出産します
その為、通常子宮内では赤ちゃんは

 
頭が下:頭位(とうい)

が通常の状態です。
逆子とはこれが逆の状態を表して

 足が下:骨盤位(こつばんい)

にある状態を指します。
※上の赤ちゃんの画像は足が下なので逆子


逆子になる原因は不明ですが
考えられる要因として
 ・胎盤の位置
 ・羊水の量
が関係しているとも言われています。


問題とされる一方で、
赤ちゃんが元気に生きて
胎動している証拠でもあります。





逆子のリスクって?

逆子のリスクは主に2つあります

①破水すると胎児が危険

逆子の状態での破水
胎児の命に関わる可能性

があります。

逆子はへその緒が子宮口に近い状態
破水するとその緒が先に出る可能性があります

これを さい帯脱出 と呼びます。
 ※「さい帯」とはへその緒のこと


この「さい帯脱出」になると危険
胎児へ酸素供給が止まり
酸欠で死産となる確率が上がります

逆子で破水した場合は
1秒でも早く産院へ連絡が必要です



②難産になるリスク

逆子の場合はそのまま出産すると

難産になるリスクが高くなります

その為、逆子のまま臨月(32週頃)を迎えると
産科医より帝王切開の提案をされます






逆子の種類

逆子には大きく3種類あります

分類のポイント
 おしり・ヒザ・足のどこが下か
という点です


おしりが下:臀位(でんい)
 おしりが下にある状態

ヒザが下:膝位(しつい)
 膝が下にある状態
  ※正座のような体勢

足が下:足位(そくい)
 足の裏が下にある状態
※立っているような体勢





逆子の多くは32週頃に直る

sakago_taiji

逆子のままお産を迎える人は
全体の3%と少数

多くの場合は32週頃までに
頭位になるようです

なので、妊娠中期に逆子と診断されても
ほとんどの場合は心配はいりません

一方、32週頃になると赤ちゃんが大きくなり
子宮内で身体を回転させにくくなります。

逆子を直す方法もあるのでそれは次回記事にします。

それではっ!


■あわせて読みたい




スポンサードリンク