出産・育児に関する「貰えるお金」について

子供が生まれると
国と自治体から補助として
全ての世帯に児童手当がもらえます

金額は子供の年齢によって変わりますが
3才未満は1人につき1万5千円貰えるというもの

赤ちゃんが誕生すると家計の固定費が上がるので
利用しない手はありません!

また、児童手当を取りこぼさないようにするには
産後15日以内に申請しないといけません

このあたりを解説していきます。

スポンサードリンク





児童手当とは?

児童手当とは
 国と自治体が共同で
 子育て世帯を金銭的に補助する制度
のことです。

もらえる人
中学3年生までの子どもを持つ世帯


もらえる金額
子どもの年齢によって金額が変わります(※1)

 3才未満 1万5千円/月
 3才~小学校 1万円/月(※2)
 中学校 1万円/月

※1 所得が多すぎると「所得制限」と判定され
  貰える金額が一律5千円/月になります。
    これは後述

※2 第3子以降1万5千円


受取時期
年3回の2月・6月・10月に分けて振り込み
申請月の次の月から受取ることができます


申請先
お住いの市区町村の担当窓口


注意点
①申請が遅れても遡って貰えない
②里帰り先の役所では手続きできない





児童手当は産後15日以内に申請しよう

産後すぐ申請した方がよい理由です

「申請月の次月より受取」となると
月末に産まれが不利
ですよね

その救済策として
 15日特例
というものがあります

 ・月の後半に産まれる
 ・災害でやむを得ない 
 などの場合

産後15日以内の申請であれば
「申請の次の月」から「申請の月」
に支給月が繰り上がる特例制度

ただ15日以内に申請しないと
恩恵はもちろん受けれらない
です。

出生届と同時に出せるよう
準備しておけば無駄がありません

出生届けは14日以内なので
そこまでに出せればベスト





児童手当の申請方法

児童手当の申請方法を説明します

妊娠中
妊娠中に書類の準備を終わらせましょう

申請に必要な書類は
お住いの役場のホームページにアクセス

 「お住いの自治体名 児童手当」

でググって下さい


例)大阪市の場合
リンクを見れば分かりますが書類数が多いです。




電子ファイルをダウンロードし
印刷・記入もしないといけません

誕生直後はバタつくので
安定期に入ったころに準備を始めましょう

めんどくさいですが
先延ばしにするともっとめんどくなりますよ


誕生後
15日以内にお住いの市町村役場に提出
出生届けと同時に出すのであれば14日以内です。
 ※出生届けが産後14日以内に提出


産後
無事に申請が通ると
年3回の2月・6月・10月に分けて
振り込みが開始されます





見児童手当の所得制限について

あともう一点注意が必要なのが
所得が高すぎると減額が発生するという点
 ※「お金持ちは足切り」という意味です

限度額を超えると
月の受取額が一律5千円になります


扶養家族の数で所得制限のかかる額が変わります

扶養家族数 所得制限限度額 年収の目安
--------------------------------------------------------------
0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1002.1万円
5人 812.0万円 1042.1万円

■出典
リンクのちょい下に同じ表があります


ただ、個人的には「受取る」ことは出来るので
稼げるときに稼いでしまって問題ないとは思います

「100円超えて減額された。」
というパターンは勿体ないですが。。





まとめ

児童手当とは
国と自治体が共同で
子育て世帯を金銭的に補助する制度

もらえる金額
 3才未満 1万5千円/月
 3才~小学校 1万円/月
 中学校 1万円/月

ポイント
 ・遅れた申請分は貰えない
 ・書類が多いので妊娠中に準備
 ・産後15日以内に申請
 ・所得制限を超えると5千円に減額


普段は持っていかれてる税金です
早めに準備して、取りこぼさず受給をうけて取り返しましょう


それではっ!

スポンサードリンク