奥さんが妊娠して気になることに「お金」がありますよね

今後は妊娠・出産周りのお金についても
記事にしてまとめていこうと思います。

今回は出産にかかる入院・分娩の費用

結論
出産の入院費・分娩費については
健康保険から出産育児一時金が42万円もらえる
ので大きな心配はいりません。

また、今回はその出産育児一時金と
その受け取り方が3種類あるので解説していきます。

スポンサードリンク





出産の費用は出産育児一時金でカバーできる

出産育児一時金とは?
健康保険に加入している本人か扶養家族なら
妊娠4か月(85日)以上で出産する際に
誰でも貰えるお金です

金額は42万円
※双子なら84万円
 健康保険や自治体によっては上乗せ有


帝王切開となった手術代が発生して
ようやく42万円に届きます

なので十分な補填効果がある金額アリ

さらに余った分は差額がもらえます


ただ、産院によっては
 ・産後の豪華なごはん
 ・リッチな個室
とサービスレベルを上げて
42万円を上回るパターンもあります

その場合は差額を支払う必要があります
 ※このあたりは奥さんと要調整ですね





出産費用の受取り方は3種類

この出産費用補填としてもらえる
出産育児一時金ですが受取の方法は3種類

 ①直接支払い制度
 ②受取代理制度
 ③産後申請方式

それぞれ説明していきます。





①直接支払い制度

産院が直接健康保険に請求してくれる制度です

 申請先:産院
 申請時期:妊娠中

42万円を上回った場合は、退院時に支払い。
下回った場合は健康保険に差額申請を出すと振り込まれます

直接支払制度が利用できるかどうかは
「産院が対応しているか」になります

妻が通っている産院は直接支払い制度に対応していました。
紙を一枚書くだけですし、
お金の準備もいらないので非常にらくちん
でしたよ。





②受取代理制度

産前に健康保険に支払いを申請する制度です

 申請先:健康保険
 申請時期:妊娠中


直接支払い制度同様
42万円を上回った場合は退院時に支払い。
下回った場合は健康保険に差額申請を出すと振り込まれます

こちらもお金の準備は必要なく
①との大きな違いは申請先が健康保険という程度





③産後申請方式

産後に健康保険に支払いを申請する制度です

 申請先:健康保険
 申請時期:産後

この申請方法は
退院時に一度入院代と分娩代の
およそ42万円を自費で支払う必要あり

産後に領収書を添えて健康保険に請求します。
 ・手続きが面倒
 ・お金の準備も必要

なので①、②に比べるとおすすめできません

まず、産院に①ができないか確認して
対応してなければ②で申請しましょう。






まとめ

出産の入院費・分娩費については
健康保険から
 出産育児一時金が42万円もらえる
ので大きな心配はいりません。

また、出産育児一時金の受取方は3種類あって
 ①直接支払い制度
 ②受取代理制度
 ③産後申請方式
があります。

③は手続きとお金の準備が面倒なので、
産院に①ができないか確認して、
対応してなければ②で申請しましょう。

42万円を超えさせるかどうかは夫婦で話あってみてくださいね

それではっ!

スポンサードリンク