こんにちわ。プレパパのえいとらです。

妊娠中のトラブルのサインの1つに出血があります。
出血はほとんど危険なものが多いですが
中には赤ちゃんへ影響のないものもあります

奥さんが動けないような状況では
旦那さんが対処しないといけなくなります

特になにが危険なのかは抑えておいて損は無いので
是非最後まで見て行ってください

スポンサードリンク





妊娠中の出血は大丈夫?

まず、時期による妊娠中の出血の
危険度の違いを見ていきます。

・初期(~12週まで)
12週より前の妊娠初期の出血は
しばらく安静にしておさまるものであれば
多くの場合心配ありません

ただし、安静にしていてもおさまらなかったり
 出血量が多い/鮮血/おなかの張りや痛みを伴う
といった場合は早めに産院に連絡して受診しましょう


・中期(12週以降~)
逆に12週以降は
 少量の出血でも受診必須
です。
危険な症状のサインの可能性があります

流産/早産といった赤ちゃんへの危険ももちろん
胎盤異常などであれば大量の出血となり
母体に危険が及ぶ可能性もあります


妊娠初期・中期と関わらず
出血した場合は自己判断せず産婦人科に連絡し
指示を仰ぐのが安牌
だと思います


■出典
当記事の知識の出典はこちら

 小川クリニック 小川隆吉先生 監修

監修が産婦人科の院長で信頼性もあり、
ソースも厚生労働省等のしっかりした情報を
わかりやすくまとめてくれています

HAPPY・妊娠・出産ガイドBOOK [ たまごクラブ編集部 ]






妊娠中に出血したらやること

妊娠中に奥さんが妊娠したら
下記の行動をとるようサポートしましょう

 ①出血の色・量を把握
 ②清潔な布(ナプキン)をあてる
 ③12週以降場合、産院へ連絡し受診

 ※出血したらシャワーや入浴を控えて下さい!
  出血時は細菌感染を起こす可能性があります。
  少量の出血でもシャワーや入浴を控えましょう。
  入浴は産科医の許可をとってから!


また、③で産院へ連絡することになれば
状況を正しく伝える必要があります
下記の点を抑えて連絡しましょう
 
 産院に伝えるポイント
  □出血の様子
    粘性:さらさら/どろどろ
    状態:出たり止まったり/出続け
□血の色
    赤/茶色
□出血量
□何をしていて出血したか
    安静時/活動時
    外出中・仕事中・勉強中 など
□他の症状
お腹の張り・痛み等







急いで連絡した方がよいケース

下記の症状がみられる場合は
初期の症状であってもすぐ産院へ連絡

 ・激しい腹痛
 ・高熱(38°以上)
 ・おなかの張り
 ・子宮頸管が短いと指摘されている
 ・前置胎盤と診断を受けている
 ・胎動が感じられない など





妊娠中の出血の原因で危険なもの

妊娠中の出血で危険性のある主要なものを挙げておきます。
起こり得るリスクとして認識しておきましょう。

妊娠初期
 流産
  妊娠が途中で終わってしまうこと
  
多くは赤ちゃんの染色体異常が原因
  ほとんどの場合かなり多めの出血があります

 切迫流産
  もう少しで流産しそうな危険な状態
  出血がみられても妊娠が継続するケースも多くあるそうです

 
子宮外妊娠
  受精卵が子宮内でなく、卵管などに茶口調した状態。
  卵管破裂が起こると大量の出血が起こり
  母体の命にかかわります


妊娠中期以降
 切迫早産
  もう少しで早産しそうな危険な状態

 前置胎盤
  通常子宮の上にある胎盤が
  下にできてはがれやすい位置にある状態
  出血しやすい状態にあり胎盤の剥離が起こると危険

 常位胎盤早期剥離
  赤ちゃんが子宮内にいるうちに胎盤がはがれること。
  赤ちゃんは栄養の供給がSTOPし、
  母体も子宮内で多量の出血が発生します。
  母子ともに危険な状態に







まとめ

妊娠中の出血は、
 12週以降であれば
 危険なトラブルのサイン

の可能性があります。
産院に連絡して受診しましょう。

それ以前であれば、
様子をみて治まるものは問題無いことが多いです。

出血が起きた場合
 ①出血の色・量を把握
 ②清潔な布(ナプキン)をあてる
 ③12週以降場合、産院へ連絡し受診

の行動をとるよう奥さんをサポートしましょう。


万が一は起こらないに限りますが
知識をつけることで最悪の事態を防ぎたいですね。
当記事が皆さんの一助になれば幸いです!

それではっ!

スポンサードリンク