こんにちわ。プレパパのえいとらです。

流産という言葉で
 「赤ちゃんが流れてしまう」
ということは連想できるけど

その確率や種類があることは
男性だとご存じない方が多いのではないでしょうか。
男性は妊娠の知識って触れる機会が少ないですよね。

僕も妻が妊娠して驚きましたが、

 流産は全妊娠の約15%
 その種類は4つあります。

結構というか、かなり確率高いですよね。

 ・これから子作り!!
 ・最近妻が妊娠した!

という男性は知っておいて損の無い内容だと思います
是非見てみて下さい

スポンサードリンク





流産とは

流産とは
 妊娠22週未満で妊娠が
 終わってしまうこと

を指します。

流産の80%は妊娠12週未満に起こる早期流産
いわゆる安定期に入る前ですね。

原因はわからない事がほとんど
赤ちゃんの染色体異常など
赤ちゃん側にトラブルがあることが多いそう。
予防方法は無く、自然の摂理と考えた方が良いようです。

また、症状は出血のある場合がほとんどですが
痛み・出血がない場合もあります。


知識の出典はこちら

●出典

HAPPY・妊娠・出産ガイドBOOK [ たまごクラブ編集部 ]






流産の確率

冒頭にも記載しましたが

 流産の確率は全妊娠の約15%

にものぼります。
 50人中約7人になるので
 学校1クラスの1列分
という規模感が想像しやすい数字でしょうか。

めちゃくちゃ確率高いですよね。。。
初めて知った時びっくりしました。

自分たち夫婦の身に起こっても
全くおかしくない確率ですよね。

子作りを始めるにあたり
 「起こり得るもの」として心の準備
はしておいて損はないと思います。







流産の種類

流産の種類はタイミングや
内容物の残留度合によって分類されています

内容物が残留している場合は摘出手術が必要です


化学流産
 妊娠検査薬で陽性が出たものの流産してしまうこと
 出血や痛みはほぼ無く生理と区別がつかないそう
 摘出手術は不要
  ※なぜ「化学」とつくんだろう...


稽留(けいりゅう)流産
 赤ちゃんの心拍が確認されていたのに
 途中で成長が止まってしまった状態
 出血や下腹部痛はありません
 流産が確定した後、摘出手術が必要になります


不全流産
 流産が起こったものの
 内容物が対外に排出しきれなかった流産
 出血や下腹部痛が続くことが多く
 早めの摘出手術が必要


完全流産
 流産が起こり
 内容物が完全に対外に排出される流産
 子宮内に内容物が残っていないことが
 確認できれば処置の必要はありません





切迫流産とは

よく似た言葉に切迫流産があります。
かみ砕いて一言でいうと

もう少しで流産しそうな状態
を指します

22週未満に出血が確認され
流産に進行する可能性がある場合にそう診断される
そう
流産では無いので「流産の種類」に入れてません


僕自身、流産と切迫流産で何が違うのか
わからず混乱したので記載しておきました
「流産」とつくので紛らわしいですよね。。。







まとめ

流産の確率は
 全妊娠の約15%と高く
 自分達の身にも起こり得るもの
と考えておきましょう

また、流産は赤ちゃん側の染色体異常等が
原因なのでお母さんのせいではありません

流産の種類は4つ
タイミングや内容物の残留度合によって分類
 化学流産
 稽留(けいりゅう)流産
 不全流産
 完全流産

でした。

流産はできれば経験したくないものです。
ですが、
 「起きないもの」と考えていると
 
ショックもより大きい
でしょうし、
 無視できるような確率でも無い
と思います。

起きてしまった時の考え方を夫婦で話したり
自分の中で確立しておいて損は無いと思います

それではっ!

スポンサードリンク