こんにちわ。プレパパのえいとらです。

今回は妊娠中の薬の服用について。
妻が体調を崩した時に
 「妊娠中に薬って飲んでいいの??」
と疑問に思い、書籍で調べてみました。

結論、
 薬と時期によっては赤ちゃんに影響があり
 奇形や臓器の先天性障害などのリスク有り

そのため「体調が悪いといつも飲む風邪薬」のように
 自分の判断で薬を飲むのは危険
 必ず産科医の指示を仰ぎましょう

という話になります

スポンサードリンク





妊娠中にいつもの薬は危険

1例をとると薬は成分によって
 血管膨張
の効果があり、デリケートな臓器の器官形成の最中には
これが原因で上手く器官が形成できなくなるそう。


■出典
当記事の知識の出典はこちら

小川クリニック 小川隆吉先生 監修

監修が産婦人科の院長で信頼性もあり、
ソースも厚生労働省等のしっかりした情報を
わかりやすくまとめてくれています

HAPPY・妊娠・出産ガイドBOOK [ たまごクラブ編集部 ]




妊娠中に薬を飲んでしまった場合


unhappy_woman3

多くの市販薬には赤ちゃんに
悪影響を与える成分は無い
と言われています

なので、例え今飲んでしまっていても
影響の無い事がほとんど

ですが、無数にある市販薬の中には
赤ちゃんに影響のある薬が存在するのも事実

こうしている間にも新しい薬は
日々市場に出回り続け訳で
 「100%影響無い」と言えない
という点がポイントになります。

薬の知識が無い人が判断できる訳もなく
やはり市販薬は安易に飲むべきではないでしょう。

もし既に飲んでしまった方は
 「何をどれくらい飲んだ」かを産婦人科医に報告
しておきましょう




妊娠中に薬の影響がある期間

薬の影響は妊娠期によっても変わってきます。
が、ざっくり
 臓器や手足等の器官形成期に飲む場合が
 最も催奇形のリスク有りです


・0週~3週(1か月)
 受精・着床の段階
 器官形成がはじまっておらず
 影響はほとんど無い時期


・4週~7週(2か月)
 神経・臓器等の重要な部分が形成される期間
 薬の影響を最も受けやすい時期


・8週~11週(3か月)
 手足・指・耳等の細かい部分の形成期間
 5週~8週程ではないが
 影響は受けるので油断禁物


・12週~15週(4か月)
 器官形成はほとんど完了。外性器等はまだ形成中
 器官形成に影響を与える可能性はわずか
 ですが、器官形成中なので気を配る必要はあります


・16週~(5か月以降)
 器官形成は完了し、各器官の機能充実の時期
 器官形成に与える影響はほぼありません
 が、機能の発達に影響を及ぼす可能性はある
 ので引き続き薬の服用は注意しましょう




処方された薬は最後まで飲もう

kusuri_nomu

ここで勘違いしないよう

 全ての薬 ≠ 赤ちゃんへ悪影響

であることは認識しておいて下さい

当記事内でも記載はしていますが
悪影響のある薬と無い薬があります

貧血・感染症等で産科医に診断を受け
影響のない薬を処方されたのに

 薬は赤ちゃんに悪いと思って
  ・飲む量を減らした
  ・症状が改善したので服用をやめた

と、してしまうお母さんが意外と多いそうです。
これでは症状が改善しません

 用法用量を守って薬をのみ
 産科医に言われた「やめどき」で服用をやめよう

そのため、産科医に薬をもらう際

 ・いつまで服用するか
 ・症状によって量を加減していいか
 ・飲めなかったらどうするか

を確認しておきましょう

●出典
HAPPY・妊娠・出産ガイドBOOK [ たまごクラブ編集部 ]






まとめ

薬には赤ちゃんに影響のあるものと無いものがありますが

 ・自分の判断で「いつもの薬」の服用はやめよう
 ・服用した場合は掛り付けの産科医に報告

上記理由から妊娠期は薬による症状の改善が
いつもよりも難しく
なります。

旦那さんも家に病気を持ち込まないよう
手洗いうがいは徹底しましょうね

それではっ!

スポンサードリンク