こんにちわ。えいとらです。

僕は2017年に新卒で入社し
5年務めた会社を退職し、転職に成功しました。
転職活動では6社受けて3社内定のオファーを頂きました。

激務の大手SIerから解放され、現在は悠々自適の生活ですが
始めての転職活動ではかなりビビリながらやったのを覚えています。。

特に就活の違いに戸惑ったことが多かったので

 就活と転職の4つの違い


について記事にしていこうと思います。

スポンサードリンク





転職と就活の4つの違い

①プロセスの違い
まずはプロセスの違いを記載していきます。
赤字の点が大きく違うところです

 1.転職エージェントに登録
  DODA/リクナビNEXT 等
 2.エージェントの担当と面談
  方針の認識合わせ
  求人の紹介を受ける
 3.求人を選びエントリー
  久々にweb試験受ける
 4.面接
 5.内定を頂く
 6.退職交渉/退職
 7.入社


まず転職エージェントってなんなん?ってなりました。
これは後述。

また、内定を頂いたあとには退職交渉が発生。
僕は退職の2か月前に上司に個別に報告し、
引き継ぎ等を行いました。

また、かなり引き留めも発生。
大きな企業だったのでみんな口を揃えて
「勿体ない」
って言ってました笑

お世話になった人の引き留めは尾を引きますが
次の会社の入社時期も踏まえ、
強い心で調整をやりきる必要があります。



②転職エージェントの存在
転職エージェントとは企業との仲介役業者です
転職者を手取り足取り手伝ってくれる存在

 転職者向け
 ・面談対策
   ドキュメントの添削
   企業情報のinput

 企業向け
 ・面接の日程調整
 ・給与交渉

しかもなんと無料。理由は後述します。

工数も浮くおかげで仕事と両立できますし、
自分が転職市場でどこをアピールすべきかも教えてくれます。

利用しない選択は無いでしょう。



③自己PRを聞かれない
就職活動はWEBや筆記をクリアすると
あとは

 自己PRゲー

であることは皆さんも体感したと思います。

が、転職活動では自己PRは1秒も聞かれません。
頑張って書いた電子ドキュメントは
さっさと後輩にあげて捨ててもOKです笑

変わりに聞かれるのは大きく下記3点

 1.志望動機
 2.転職のきっかけ
 3.職務経歴


職務経歴でこれまでのキャリアをサマリしてアピールするので
そういう意味では3が自己PRになります。



④SPIの種類が違う
これは僕がWeb試験の当日に気づいて
ピンチでハゲそうだったので記載しておきます。

だいたいエントリー時点でWebのSPIを受けることになります。
が、SPIって 新卒用/転職者用 で実は別種。
転職者用は SPI-G という種類なんです。

新卒者用の本で勉強してしまい
当日気付いてめちゃくちゃ焦りました。。。

Web試験で落とされるのが一番冴えないですし
まぁいってもSPIなので冷静になれば解ける内容でした。

心臓に悪かったので共有です。






転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントが無料の理由です。簡単な話
 転職者でなく企業から仲介料をもらう
というビジネスモデルなのです。

転職者を紹介すると企業から紹介報酬として
転職者の年収の2-3割(らしい)が貰えるそう。

エージェントにとって転職者は商品なので
頑張って磨いて出そうとしてくれます。

が、例とえ
 ブラック企業にねじ込んでも
 エージェントは報酬は貰える
ので見極めが必要です。


また、この特性から
 エージェントは複数社使った方が良い
です。

たとえば、
エージェントAを使って第一志望の内定もらった場合
「B側の第二志望の方が給料高くて悩んでる。そこだけ。」
とかいうと賃上げ交渉入ってくれたりします。

エージェント的にはあと一歩で自分達の利益にコミットしてくれるので
かなり活発に動いてくれます。

このように
別のエージェントでそれぞれ内定をとり
複社購買の状態になると上から殴れます。

実際に僕もこれで年収を上げたので
おすすめのテクニック
です。





転職で利用したエージェント

僕が実際に利用したエージェントは下記3つです

 ・リクルートエージェント
 ・DODA
 ・マイナビエージェント

エージェントはかなり属人性が高く「人による」
が正直なところです。

が、個人的にオススメなのは
 ・DODA
です。

若くてかわいいお姉ちゃんでしたが、
市場の知識も豊富で
かなり懇切丁寧に相談にも乗ってもらえました。

逆にオススメできないのはリクルートエージェント
ある企業さんのドキュメントを添削してもらっていた所
予告なしに担当が変更され不安になりました。

また、DODAとリクルートエージェントで
それぞれ内定をとり複社購買状態になった時

DODAは僕がどうあれば未来の幸せを掴めるか

の話をしてくれたのに対して

リクルートエージェントは
回答期日を短納期にして焦らせてきました


いやーもう二度と使わねーわ。
というのが感想です笑








転職後の所感

就活では多くの企業が「ポテンシャル」を見ていると思います。
一方、転職活動では「戦力」を求められていると感じました

ただ、僕は28で転職活動を行いましたが
20代だとまだポテンシャルが評価されやすいと感じでしたね。
「転職は20代のうち」と通説があるのも
こういう所からくるんだと肌で感じました。

逆を言うと年齢を増すほど
求められるモノが高くなる
んだろなと思った感じ

窓際でただ給料を貰うサラリーマンをしていたら
どこも拾ってくれなくなるんだなと。
身を以て体感した次第です。

やはり経験はリーマンの資本。
日々の仕事で背伸びして経験値をつけていきましょう。





さいごに

えいとらが思う就活と転職の4つの違いは

 ①プロセスの違い
 ②転職エージェントの存在
 ③自己PRを聞かれない
 ④SPIの種類が違う

でした。
第二新卒で転職を考えている方の役に立てればと思い記事にしました。
お役にたてれば幸いです。

それではっ!



スポンサードリンク