こんにちわ。プレパパのえいとらです。

奥さんの妊娠が分かった時、喜ばれた方も多いと思います。
ただ、
 流産の確立は全妊娠10%~15%
と言われ、非常に高い確率です。

今回は、もしかしたら来るかも知れない流産に備え
僕が蓄えた知識と覚悟の話を記事にしています。

スポンサードリンク


結論から言うと

 流産は十分に起こり得る
 また、有効な打ち手は無い

になります。
打ち手が無い分、覚悟は持っておこうという記事です。




流産とは

流産の定義は

 妊娠22週(6か月半)より前に
 胎児が子宮から出る事象のこと

になります。

主治医の話や書籍の知識曰く

 確立は全妊娠の10%~15%
 非常に高い確率です。

およそ胎児10人に対し1人は流産という計算です。
また早期流産と呼ばれる

 妊娠12週未満がそのうち80%程度

妊娠初期は流産のリスクが非常に高い時期
僕は妊娠の知識が無かった為、
思っている以上に高い確率で衝撃を受けました。


また、母体の症状として
 ・出血
 ・下腹部の痛み

これらの症状が出た場合は
ただちに主治医に連絡が必要

治療方法は安静と薬物療法のようですが、
流産を食い止めるのはなかなかできないそう。
旦那さんも認識すべき知識だと思います。




原因は特定できない

大きく胎児側と母体側の原因があります

 胎児側
自然淘汰(染色体異常) 等

 ・母親側
感染症
重いものを無理してもつ
睡眠不足
過労 等

原因は多岐に渡り、調べることも難しい為
 原因は特定しきれない
と主治医に言われました。

その中でも多い(60-70%程)とされている、
 胎児側の染色体異常に
 有効な予防法は無い
と説明を受けました。

故に「自然淘汰」なのだと思います。




持っておくべき覚悟

もちろん起きてほしくはない
プレパパ達に知ってほしい知識と覚悟は

 流産は十分に起こり得る
 また、有効な打ち手は無い

ということです。

僕はこれを知り、自分達の身に起きたらどうするか考えましたが
 
 つわりと戦い、心と身体を痛めた妻をいたわる
 そして一緒に悲しむ

かなと。思いました。

妊娠した瞬間から、
 やっぱり大事な自分の子供
なので妻をいたわることに徹するだけでなく、
一緒に悲しんで一緒にに乗り越えたい。
とそう考えています。




さいごに

悲しい出来事なのでなるべく起きてほしくはない
でも楽観的でいるほど、
不幸が起きた時に辛い思い記事にしてみました。

とはいえ、覚悟と知識をちゃんと心にしまったら
後は楽しく生活を送りましょう!

皆さんによい家庭が築けますように!
それではっ!

スポンサードリンク