こんにちわ。えいとらです。
現在、妻・お腹の中の子供(2cm) との2.5人生活です。

妊娠初期でも発生する夫婦間トラブル
ですが、世間でよく聞く解決策って

旦那が「共感」せよ

ってものが多いですよね。

日々、サラリーマンとして働く中では
ロジックで判断する場面がほとんど

「いやいや共感ってなんだよ...」
「解になってねぇ...」
pose_atama_kakaeru_man_money - コピー - コピー

みたいな方へ向けた記事になります。

スポンサードリンク

先に結論をお伝えすると

共感ではなく理解しろ

になります。
何が違うの?という感じでしょうが見ていきましょう。





妻の悩み事を分解してみた

えいとら夫婦もご多分に漏れず、
妊娠初期に何度かケンカをしてしまいました。

妊娠発覚後は心改めた訳ですが

「妊娠/出産」関連の書籍
妻とのやりとり

の中で、ある程度妻のストレスをグルーピングできる事に気がづきました
下記に示します。

①直接的なストレス
つわりによる体調の悪さ
集中力低下による仕事のミス 等

②世に蔓延る「べき論」
胎教すべき等
 ※さも必須かのように書いてる事が常

③未来の不安
生まれた後の育児
キャリア 等

※我が家の一例ではあるので、各人分析は行ってみて下さい。

ウチの場合は、書籍の力も借りて大枠この3つに分類。
ではこれを踏まえた上で、自分ができることはなんでしょうか。





旦那ができる事

分類する事で得られる気付きがあります。
それは、特効薬が無い(ゼロにできない)ということです。

例えば、
①つわりを無くす事はできない
②情報遮断は正しい情報も入らなくなる
③未来のことはわからない
ですよね。

となると、旦那が打てる打ち手は「緩和」になります。
妻の悩み事を踏まえ、
えいとらは緩和のため以下3つを心がけてます


①ストレスの理解者になる
妻が抱えているストレスに理解を示し行動する

例)
体調が悪い時身体をさする
  話を聞いてあげる 等

②ロジックは横におく
会話の際、ロジックは横において受け止める

「ちょっと考えすぎ」等が喉元に突っかかる時もありますが飲み込みましょう。
不安を取り除こうとしたと思いますが、
非難/否定に聞こえてしまい逆効果

③気晴らしする
妻の体調が良い日は気晴らしに一緒に外出

一緒に外出などをして気晴らしをしましょう
気分転換はストレス発散にもなります


問題を多く抱えている奥さんは、
冷静に物事を考えられにくくなっている状態。

旦那さんはクレバーにどんと構え

ストレスを完全に取り除けない分

心理的な安心感を与える

という気概でいましょう。
business_man_macho

それでも妻がキレて仕方ないという方は
こちらの記事をご覧ください。

ビギナーパパの子育て:妊娠中のキレる妻の受け止め方




共感ではなく理解に徹する

これはえいとらの持論になります。

真の意味で男女間で共感はできないと思います
何故なら男性は

つわりで体調を崩すこともできない
実際におなかを痛めるわけでもない
ホルモンバランスを崩すこともない

男性はこれらを生涯体験することはありません

体験/体感できないなら、
共に感じることはできない
と思います。

なので、世に蔓延る

「共感」というワードに悩まず

「理解」に徹しよう

という主張です。
ここでいう理解は、

原因を分解/理解し、緩和行動をとる。

ことです。

まぁ表現が違うだけで、
世の共感と同じことを言っていると思います。

が、共感が苦手な男子向けの記事ですのでご了承願います



さいごに

僕自身、女性の心がわかんないずぼらな男なので
悩んだ結論を記事にしてみました。
(よく結婚してくれたよなぁ)

「共感とは...」系男子に少しでも響けば幸いです
それではっ!

スポンサードリンク