こんにちわ。えいとらです

2017年に結婚した既婚者です。
が、結婚至上主義者ではありません

結婚をする幸福もあるし、しない幸福もあると考えています。
自由に生きれる社会で色んな選択肢があると思います。

いい年になった友人から相談される事が増えたので
ここで記事にしようと思います。

スポンサードリンク


先に結論を述べておくと

人生の幸福のビジョンを描け

になります。





友人「男って結婚する必要ある?」

僕も齢30となり、そこそこ良い年齢。

年末年始、地元の友達と飲んでいたら、
こんな相談されることが多くなってきました。

恋愛も仕事も余裕が出てきてふと我に返った模様
実際に結婚をした人にヒアリングをしたいようでした。

友人「デメリット多くないか?」


友人が挙げたデメリット
 ・お金が自由に使えなくなる
 ・時間が自由に使えなくなる
 ・煩わしい人間関係が増える 等

wakaremichi_man

実際のところ
多くの家庭持ちの男性に発生している問題になります。
ご意見ごもっとも。





僕「君の人生の幸せはなんだ?」

で、えいとらが友人に投げた回答がこれ。
質問に質問で返しているので吉良吉影にキレられそうですが...

えいとら思うに
結婚に関するメリデメを上げたらキリがありません

また、友達夫婦から聞くちっさいマイナートラブルは
その夫婦の固有の文脈でしか起きない事がほとんどです。
なので、えいとら夫婦の事を喋ってもしょうがない。

そこで、もう少しシンプルに考えると

結婚する/しない = 家庭を持つ/持たない

になります。
なので、結婚をひとつの手段と捉えたときに

自分の人生で 家庭を持つ/持たない
どっちが幸せか

で判断すべきでは?というのがえいとらの主張です。
pose_syourai_man

自分の人生なので、

・幸せの形を自分で言語化
・「家庭を持つ」は自らの幸福論にマッチするか


を各人で深堀るべき。
だと思っています。

友人もまぁ納得したっぽかったです笑





さいごに

情報が氾濫している昨今
「財政基盤を築かず、結婚する事は負け筋」
というような話も聞こえてきます。

ただ、筋はあくまで筋。
結婚も今しか無いというタイミングはありますよね。

現状負け筋にあろうが、勝ち筋を掴めばよいだけです。
人生の舵切りにどんな軸を置くかは自分次第。

えいとら的にはディズニーシーのシンドバッドよろしく

「心のコンパスに従え」

といったところになります。


それではっ!


スポンサードリンク