この記事は

・ダイエットでまさに停滞期に苦しんでいる
・ダイエット前に停滞期について調べている

男性向けの記事になります。


こんにちは。えいとらです。

社会人になるとめっきり運動の機会って減りますよね。
学生の頃よりお金も持っているし
貴重な休日は飲み食いでストレス発散。。。

僕もご多分にもれずダブダブに太ったので
ダイエットを決意しました!


1.5か月くらいは順調に減っていたのですが
突然やってきました。。

そう、停滞期。。。!



めちゃめちゃ苦しんだのですが
なんとか突破して5kg減を達成しました


この記事では僕が実際にやった
停滞期の突破方法をご紹介します

スポンサードリンク





えいとらのダイエット成果

まずは僕のダイエットの結果を
実際の写真でご紹介


僕は2018年の4月~7月の期間で
5kg減量に成功しました。



before/afterがこちら!

IMG_20180803_205337_402
ででん!結構いい身体になったでしょ?

もちろん僕もご多分にもれず
停滞期があり辛い思いをしました

では、その停滞期とその乗り越え方を解説します。





男のダイエットにも停滞期は来る

undou_bench_press_man


ダイエットをしていく上で停滞期は避けて通れません。
なぜでしょうか?

それは人間には誰しも

 
常性維持機能 (ホメオスタシス)

が備わっているからです。
これは、生物として環境に適応するための機能のこと

もっとわかりやすく言うと
 身体はダイエットに慣れちゃう
ということです。


ダイエットは運動と食事制限で
下記の状況を人工的に生み出します


 摂取カロリー < 消費カロリー


よくよく考えればわかる話ですが
「生物」として見た時には
わざわざ緊急事態を自分たちで作る行為


この状態が長く続くと飢餓状態となり
身体は基礎代謝を下げて生き延びようとします


これが停滞期の正体です。







停滞期の乗り越え方

pose_sugoi_okoru_man

上記で説明しましたが、停滞期は

 恒常性維持機能による
 基礎代謝の低下

が招くものです。


それに対する僕が実際に実施した
打ち手は2つあります。

 ①チートデイの導入
 ②食事量を減らす or 運動を増やす

それぞれ見ていきましょう。


①チートデイの導入

チートデイとは?
 好きなものを好きなだけ食べる日のこと

直訳で「騙す日」の通り
身体にダイエットが終わったと錯覚させる手法です

ダイエット中にそんな事したら太るのでは?
と疑問に感じるかと思います。

ご察しの通り、
一時的に体重は増えます
ですが、

身体は「飢餓」が終わったと勘違いし
代謝が元に戻ります

爆食することで
恒常性維持機能を解除するんですね。


疑心暗鬼だと思うので実際に見てみましょう
下記はえいとらの実際の体重の推移です。
15263 - コピー

画像の
赤丸の部分がチートデイを導入した日
もちろん欲望の限りを尽くしました笑

体重が一時的に増えていますが
その後、ガクっと下がっているのが見てとれます

結果的には体重が落ちる
ことが証明できていると思います。



②食事量を減らす or 運動を増やす

こっちはチートデイよりも俄然マッチョな方法
 基礎代謝が減った?なら俺はその上をいく
という発想

停滞期きたかな?というタイミングで

 ・徐々に食事を減らす
 ・徐々に運動を増やす

と手を打ちます。「徐々に」がポイント。
 恒常性維持機能で
 慣れた所にもう一段負荷をかける
こと停滞期が突破できるんです。

僕は仕事があってヘロヘロにはなれないので
 ・有酸素運動 10分追加
 ・日々の摂取カロリーを -100kcal
程度に抑えました


注意点はいきなり

 ・食事はほとんど断食
 ・トレーニングも超ハード

にすると恒常性維持機能により
いずれ身体はその状態に慣れます

限界の減量メニューを最初に持ってくると
さらにハードにできないので
停滞期は突破しにくくなります


いきなり全開でダイエットをするのではなく、
徐々に減量のカードを切るのが大事です






さいごに

チートデイの導入は本気でやっていればいるほど
躊躇してしまいそうになります。

が、えいとらが結果的に痩せたように
長い目で見ると効果アリです。

ただ、2日暴食は続けないようには気をつけましょうね。
週に1日までです。

辛いダイエットですがその先に
理想の身体が手に入ると信じて頑張ってください。

みなさんの一助になれば幸いです。
それではっ!



■あわせて読みたい

・筋トレが必要な理由
・継続の極意



スポンサードリンク