よい旦那のバイブル

20代に5年務めた大手Sierを退職し、転職/地方移住/結婚と舵切り。その時々で感じたことや趣味などを更新していきます。 家庭/筋トレ/仕事/読書 など

赤ちゃんの夜泣きで寝不足。という話はよく聞くと思います。 「ちょっと大げさなのでは?」 「夜しっかり寝る子もいるハズ」と、思ってるいるあなた安心して下さい 全員寝ません...理由は 眠気を操作するホルモン メラトニンを自力で出せないというのが理由になりますで ...

パートナーの妊娠・出産に伴い 男性の家事への参加は必須といってももはや過言ではありません核家族であれば避けられない運命ただ、頭じゃ分かっちゃいるけど ・家事が苦手 ・家事の時間が無駄に思えるそんなずぼらな男性も少くないハズ(※ここにも1人います!)そんな、家 ...

妊娠中期である 5か月(16週)~7か月(23週) くらいの時期に事前に持っておいた方がよい知識の記事をまとめています。 ...

皆さんは高額療養費制度を知っていますか?ざっくり説明すると1か月間の自己負担医療費が限度額を超えると健康保険から払い戻しを受けられるという制度です。当サイトの多くの読者は今まで高額な医療費を払うシーンが少なく知らない人が多いのではないでしょうか。妊娠・出産 ...

日本には妊婦向けでなく、全ての人が受けられる 医療費控除という制度があります今日はこの制度のお話です。この医療費控除はざっくり言うと、 年間の医療費が10万円を超えるとお金が返ってくるという制度です。この読者の方は、現在のところは「年間10万円も病院にお世話 ...

出産・育児に関する「貰えるお金」について子供が生まれると、国と自治体から補助として全ての世帯に児童手当がもらえます金額は子供の年齢によって変わりますが3才未満は1人につき1万5千円貰えるというもの赤ちゃんが誕生すると家計の固定費が上がるので利用しない手はあり ...

奥さんが妊娠した際の心配ごとのひとつに「お金」がありますよね今回は 妊娠・出産と生後3か月頃までの育児にて 自費で支払いが必要な費用について記事にしています。結論 約50万円ほどかかりますただ、 あれこれ問題が起きた場合を想定しているので 結構多めの金額を記 ...

出産にかかる費用のうち、入院費・分娩費については健康保険から出産育児一時金として42万円もらえるので大きな心配はいりません。 今回はその出産育児一時金と、その受け取り方が3種類あるので解説していきます。 ...

↑このページのトップヘ